読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばらないコウのログ

日々、気が向いた時、書きたいことがあった時に更新するブログです。基本的には短く、伝えたいことをわかりやすく、読みやすいブログを書いていきたいと思っています。

メンタリストDaiGoさんの「直観力」読んでみました!!

f:id:kuuha_ku:20170410160230j:plain:w300いきなり表紙からかっこいい笑

 

 

基本的にぼくはDaiGoさんの本はたくさん読んでますね笑

 

今回は2秒で決断できる直感力ということで何度か読み返したところで自分なりに印象に残ったとこをかる〜くまとめてみたいと思います。

 

 

[:目次]

  1. 直感は90%当たる
  2. 直感が鋭い人は行動する
  3. 100%よりも70%で見切り発車
  4. 常識を覆す

 

大きく気になったのはこの4つかな。

 

それでは1つずつかなり簡単にまとめますね、長い文章は得意ではないので。

 

 

1、直感は90%当たる

これに関してはかなり的を射ているなと思った。

ほとんどの人が何かを買おうとした時とか、直感で決めて買おうとしたのにやっぱりやめて後で後悔するなんていうパターンとかまるっきりこれに当たるんじゃないかな。

恋愛にある一目惚れなんかもこれに該当してるそう。

 

 

2、直感が鋭い人は行動する

これはそのまんまで、行動しなければ直感はなかったことになるっていうものですね。

どんどんトライして失敗して直感を磨いていくのがよい!

 

 

3、100%よりも70%で見切り発車

これも物事によくあるもんで、基本的に100%っていうものを求めてしまうと、すぐに取り掛からずに、いろいろネットで調べて情報を集めたり、データ分析とか、

周りの目が気になっちゃったりして、結局それがすぐに行動できなくなったりするから、ある程度70%くらいにしてすぐに行動に移りましょうってことですね。

 

 

4、常識を覆す

これは具体例を出すと分かりやすいんだけど、例えばコップを例に出してみたい。

 

コップっていうのは本来何か飲み物をそそいで、飲むための容器である。これが常識だとしたら、これを認識した上で、次にそれ以外の使い方がないのかを考えていく。

 

たとえばペンを立てればペンたてにもなるし、小銭をいれれば小銭貯金にも利用することができる。

 

こんな感じで一度常識を理解した上で視点を変えていくことが大事だということ。

 

 

このほかにもいろいろたくさんのことが学べました!

見てくれた方ありがとうございます!

直観力

新品価格
¥1,404から
(2017/4/10 16:30時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はコールオブデューティーがおもしろいからそれしかやってない笑

こんにちは、最近CODiwばかりやっているそーたです。

f:id:kuuha_ku:20170409133151j:plain

 

ぶっちゃけ、買ったのは発売日のすぐ前からなんですが、とにかくおもしろいです笑

 

 

僕今までこんな感じのFPSゲームはやったことがなかったので、

 

ちょっとハマってしまい、今でもちょくちょく

地道に頑張っているところです。

 

 

ということで、iwに関してはレビューが様々で、プレイヤーによっては賛否両論あるそうですがFPS初心者の僕としてはかなりおもしろいですね。

 

僕がおもしろいと思った要素は、

 

 

オンラインがおもしろい!!

 

物凄くうまい人とかと同じチームになったらそれだけでめっちゃくちゃテンション上がります!これほんと!!

 

あぁ、じぶんもこんな風になりたいなあとか思ってると自然とやる気が出てきます。

 

まあこれはなにもゲームに限ったことではないけども笑

 

 

トーリーそっちのけでオンラインばかりやってますね。

 

 

FPS初心者でも普通に楽しめるんじゃないかなあと思ってます。

 

それでは今日はこのへんで!!

 

 

コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

新品価格
¥4,439から
(2017/4/12 15:42時点)

いつも飲みにばかり行ってしまい、金欠になりがちな大学生へ、一回分の飲み代を好きなことに使ってみては??

こんにちは、今回は大学生なら誰でも抱えたことがありそうな問題をあげてみました。

 

 

サークルなどでほぼ毎回飲み、遊びに参加しては必死に稼いだバイト代が飛んでしまい給料日までまだ先があるにもかかわらず、金欠状態に陥ってる人は結構いると思います。

 

けど、これだと断れずにしょうがなく行った飲み会で、生産性のないままお金だけがなくなっていくなんてことは絶対にしたくないわけです。

 

 

だったらどうするべきなのかといいますと、、、

 

飲み会を一回でも断って、浮いたお金を自分の本当に好きなことに使ってみよう!!

 

これは別に学生だから勉強関係のことにお金使おうとかではないです。

 

 

自分の好きなことにお金を使ってみたらいいんです。

 

 

こうすることで、たとえ無駄な出費になってしまったとしても、心からやりたいと思ったことなので満足感がぜんぜん違います。

 

 

使う具体例は人それぞれですよね↓

  • 旅行
  • ゲーム
  • ショッピング
  • 食事
  • アプリ

などなど。。

 

飲み会にいけば一回で3000円くらいのお金は簡単に使います。

でもその3000円を別のことにつかってみたらどうですか?

 

3000円あればかなり贅沢な食事ができます。

 

読みたいビジネス書を2冊くらいは買えます。

 

 

あの有名なイチロー選手は島根の陸上の先生にランニングコーチを依頼しているそうです!

 

好きなことをするためにお金を使っているのです。

 

自分の健康のため、運動やスキル磨きに使うのもいいかもしれません。

 

本来無駄遣いというのはその人の価値観の問題ですから笑

その人にとっては無価値でも、ある人にとってはとても大事なことだったりします。

 

いきなり大きなお金を使うことに抵抗がある人は少しづつでもいいんです。

 

じぶんの好きなことに思い切ってお金を使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由がこんなに楽しいことだとは思わなかった!

僕は不自由が嫌いです。

 

 

大人なんだから嫌いなことでも頑張らなきゃいけない!わがまま言ってたらだめ。

確かに好きなことを仕事にするのは簡単じゃないかもしれない。

 

 

 

でも好きなことで頑張ることができたら、もしそれで好きなことが仕事にでもなったらそんなのはこの上なく楽しいことだと思う。

 

 

 

楽しいことなんて人それぞれだと思うし、ほとんどの大学生なんかはサークルに入って、友達と飲んで、恋愛して、遊んで、たくさん楽しんでると思う。

 

それでもいい!4年間の自由な時間を与えられて、自分のやりたいことをとことんやる!そこに正解はないし、楽しければそれが正解。

 

 

僕は、友達といる時もあるけど、基本的には家で本を読んでるほうが落ち着くタイプ。

 

 

 

これは学生としてもっと遊んだほうがいいよなんて周りからよく言われるけど、

僕がこうしていたいからそれでいい。

 

 

 

好きなことは人それぞれ違うし、価値観を共有する必要はないと思う。

 

 

 

自分が好きなことにとことん時間もお金もつぎ込んでいけば、嫌いなことを頑張っっているよりもずっと楽しくて自信が出てくるよ。

 

  • 自分のやりたいことができない

  • 友達や周りの人にすすめられてやってる

  • 他人の目が気になってしまう

 

ぜひこんな人に読んでもらいたい記事を書きました!

 

 

自己投資って思ってるうちはだめだってこと!!

自己投資って、案外おかしな言葉なんだよなあ。

 

 

たぶん結果を出してる人たちはその分野が好きだから自己投資とすら思ってない。

 

まあほとんどの人がね笑

 

たとえば漫画が好きな人は漫画を買う時に、これは自己投資だ!なんていちいち考えはしないし、心から好きなことならお金を気にせずに買ってしまうと思う。

 

 

それこそが、本当の自己投資なんではないかと思う。

 

 

 

暇な時間がたくさんあることは悪いことなの?

何かしないと、

 

 

今日もなにもできなかった。

 

 

これじゃだめだ。

 

 

こんなのただの悪循環じゃない??

 

何もしないくらい自由ってことやん。

 

 

これいけない??

 

これが本来じゃない?

 

何もしない時間はものすごく大切です!!!

 

本来、予定というのはビッシリ積めないほうが気楽です。

 

友達から暇?って聞かれた時、暇だ!って返してやれるほうが、友達としては誘いやすいのと同じです。

 

かといって勘違いして、一日中呑気にスマホいじったりするのはどうかと思いますけどね笑

 

これは本当にあんまり意味ない笑

 

スマホで勉強とかならまだしもSNSなんかはね。

 

暇な時間を過ごしてしまったからといって自分をダメなやつだなんて間違っても思っちゃダメですよ。

 

これが本来の自分くらいの気持ちでどっしり構えてるくらいが丁度いい。

クオリティというのは100を求めないほうがいい

100パーセントをもとめようとする完璧主義。

 

 

これはいわゆる効率を求めるうえでは厄介でしかない。

 

 

もっと大げさにいえば10%で十分。

 

1%だってできた自分を褒めてあげたいくらいだ。

 

 

100%を求めた人のほとんどは準備に力を注ぎすぎて1%すら達成できない人が

ほとんどだからである。

 

これに気づいてから、ちょっとだけ人生が楽になった。