おかしく天才なコウのブログ

日々、気が向いた時、書きたいことがあった時に更新するブログです。基本的には短く、伝えたいことをわかりやすく、読みやすいブログを書いていきたいと思っています。

好きなことなのに頑張ってやるのは、それは努力ではありません

 

頑張って続けるっていうのは僕はあまり好きではないんです。

 

結果を得るために頑張ってるんだから、出なかったらダメみたいなレッテルを自分で貼っちゃってる気がしてます。

 

僕もどちらかというと昔はたくさん頑張ることが正しいという考えだったので、今の考えを昔の自分に教えてあげたかったくらいです。

 

 

 

頑張って続けるっていうのは正しい努力ではない

 

頑張ることはとてもいいことで素晴らしいし、世間一般ではいいことなんだと思います。

 

でもこの考えだと、頑張ってっすること=努力になってしまう。

 

これだから「俺は努力してるのになんで結果がでないんだよ!」

という人が出てくると思うんです。

 

んで、まだ努力が足りないってなって更に頑張り続ける。

 

そして、自分が好きじゃないことを頑張り続けてしまう人が続出してくる。

 

んで、こんなこと言うと、真面目に頑張ってきた人たちが口を揃えて、

 

「頑張ったことねー奴が好き勝手言うな」みたいなことを言ってくるんです。

 

努力主義な人たちです。

 

こうなってくるとそんな人たちがどんどん増えてきてしまって、何が好きなことなのかわからなくなってしまいます。

 

 

好きでやっていたことが無意識に継続されて結果になる

日本一のユーチューバー「はじめしゃちょー」がある下記のインタビュー記事でも同じようなことを言っています。

 

――動画以外のプライベートな時間がなくても、ストレスを感じないですか?

好きなことをしているので、ストレスだと思ったことはないですね。編集が終わらなくて焦ったりするのも、それはそれで楽しんでるし。

 

news.livedoor.com

 

 

 

やっぱり、大きな結果を生み出す人たちは、それを努力しようと思ってやるんじゃなくて、心から好きで楽しんでるんだなって思いました。

 

好きで続ける→いつの間にか結果が出てる→もっと好きになる

 

が努力の正しい考えだと僕は思ってます。

 

もちろん必死で努力して結果出してる人もいますがそれだって好きでなければ続けられないと思います。

 

 

嫌いなことで努力しても結果なんて生み出せない

 

例えば、勉強が大好きで自然と勉強してる人が東大に入るのに対して、

 

そこまで勉強が好きではない人が頑張ってその人と同じ東大を目指しても合格できる可能性は極めて低いです。

 

東大に入る人は入るために勉強をしてるのではなく、本人にとっては好きなことの積み重ねが結果につながっただけに過ぎません。

 

入るべくして入るんです。

 

才能なんてものはただ好きなことしてるだけなんです。

 

自分にはこれ合わないなって思ったら、すぐにやめていい!

 

僕自身、ブログを書くのはすごく楽しいです。

 

でもこれがずっと続くなんて思ってません。

 

もしかしたら、明日には飽きてるかもしれません。そうなったらなんの躊躇いもなく辞めます。

 

僕は常に50%ぐらいで何事も取り組みます。

 

のこりの50%はほかのことに使えるようにしてます。

 

 

一度決めたら続けるのが正しいと思い込まない

人は、一度決めたら最後まで続けることが大事だと思っています。

 

子供の時から「最後までやり続けろ!」

 

とかって親から口を酸っぱくして教えられた人がほとんどだと思います。

 

ちがいます。

 

合わなかったらやめて、次を探せばいいんです。

 

もしかしたら、そこで本当に好きなことに出会えるかもしれない。

 

なのに好きでもないことに時間使って貴重な時間を無駄に過ごしてしまってはそれこそ無意味です。

 

kuuha-ku.hatenablog.com

以前の記事にも書きましたが、やっぱり今楽しいことはそのときやることが一番続けられるんです。

 

辞める覚悟を持つこと

なにかを継続してきた人たちにとって一番大事なことはやめる覚悟を持つことだと思ってます。

 

せっかく続けてきたのに、これでいいのか?

もう少しがんばれば結果が出るんじゃないか?

 

いやちがいます、出るんだったら結果なんてとっくに出てます。

 

こうして結局ズルズル引きずってやめるのが怖いんです。

 

そうすることで周りの人に嫌われたらどうしよう、やめたら次はなにすればいいんだろう。

 

そんな不安が自分の決断を鈍らせます。

 

んで結局大事なチャンスを逃して自分の好きなことを見つけられなくなってしまいます。

 

 ほとんどの人は、やりたくもない仕事でも頑張ることが正しいことだと思ってます。

 

一番重要なのはやりたくないことは素直に辞めてしまえる気軽さなんじゃないかなって思います。

 

 

メルカリで1週間で5万、一ヶ月で10万以上売り上げたコウが、方法を簡単にまとめます

メルカリでの売り上げがついに10万に達しました。

 

なんというか、ぼくとしては別に10万目指してたわけではないので、

 

目標達成とうわけではないですけど、とりあえず嬉しいです。

 

なにか特別なこととかは一切してなくて僕としてはただ単にものを売りまくった結果です。

 

なので今回は僕がどんなものを売って、どんなことに気づいたのかをいつもより簡単に短い記事でまとめていきたいと思います。

 

 

漫画やビジネス書

マンガはセットでまとめて出品するのがおすすめです。

 

単品で売ると送料や手間の方が大きくなってしまうかなと感じました。

 

逆にビジネス書なんかはセットもいいですが、基本的には単品の方が単価は高くなります。

 

僕はいままでビジネス書はブックオフで売っていましたが、メルカリを使ってからではもうブックオフには行けませんね笑

 

 

カメラや電子辞書、ゲームなどの電子機器

 

比較的このジャンルは単価が高いので一気に稼ぐのにはオススメです。

 

僕も基本はこのジャンルで稼いでますからね。

 

f:id:kuuha_ku:20170524084234j:plain

やっぱりこのジャンルの商品はかなり高値でつきます。

 

上の画像の利益はすべて電子機器やゲーム機などを売った利益です。

 

約1週間ほどで5万円近い売り上げが出せてます。

 

僕はこの前高校の時に使っていた電子辞書をたまたま引き出しの奥深くに眠っているのを見つけてメルカリで出品したところ1万円ほどの値段で売れました。

f:id:kuuha_ku:20170515101244j:plain

 

案外使っていないのに家の中に置いてるだけで、出品してみると高値がつく掘り出し物はたくさんあります。

 

ゲームのコントローラーや周辺機器なんかも箱をなくしてしまっても、普通に売れるのでかなり気軽に出品できるのもおすすめです。

 

コントローラーだけたくさんあるなんていう状態にはもうなりません。

 

もう使わないと思ったものはガンガン出品してみるべきだと思います。

 

 

服や靴

このジャンルに関しては、写真の見せ方がとにかく重要です。

 

他の出品者さんの写真を参考にするとよくわかりますが、とにかく見せ方がすごく上手いです。

 

光の当て方ひとつとっても商品の印象はガラリと変わります。

 

この分野での出品が多い人は他人の写真の撮り方をみていいところを真似してみるのがいいと思います。

 

 

商品の状態は細かく書く

その商品の状態は写真だけでは伝わらない部分があります。

  • 購入してからどのくらいか
  • 汚れが目立つ部分はないか
  • 出品したわけ(新しいものを購入したから、など)

こんな風により鮮明に商品の状態をイメージできる方が購入する人も安心できます。

 

できる限り説明は省かずに細かく書いてあげましょう。

 

 

対応が早い方が安心

対応は早ければ早いほど信頼が得られます。

 

商品説明欄に「即日発送可能」と付け加えるだけで一気に購入意欲が上がります。

 

商品は早く来ることに越したことはないので。

 

 

とにかくどんどん売ってみる

やっぱりここが一番大事だと思います。

 

売れる売れないは別として、どれが売れるのかはやってみないとわかりません。

 

ただ、このポイントを抑えるだけでも売り上げはかなり違ってくると思います。

 

だれでも気軽に始められることをまとめてみたので参考にしてみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

「好きなこと」、「やりたいこと」をすることに関しての僕の考えはコウです

僕は好きなことを全力ですること、それを実行できてる人が特別な存在だと思ってました。

 

ほとんどの人は「お金」と「安定」をめざして仕事を選び、働いている人がほとんどなのではないでしょうか?

 

今回はそんなやりたいこと、好きなことに関して僕の考え方をまとめてみたいと思います。

 

 

好きなことをするのに才能はいらない 

 

以前の僕は、好きなことを仕事にして生きている人たちは才能があるからだと思ってました。

 

でも、案外そんなことなくて、ただやりたいということを行動に移しただけなんだなって思いました。

 

だったら、僕もやりたいことやっちゃえ!みたいな感じでいろんなことをはじめるようにしました。

 

最近やったこと

 

  • 授業そっちのけでブログ
  • 好きなことを言葉にする
  • イライラしたら叫ぶ
  • 朝起きたら手始めにゲーム
  • 自炊しない
  • ブログ毎日更新
  • シュークリーム10個食べる
  • おもしろ動画作ってみる
  • 平日に休みを入れる
  • 行きたくない飲み会は断る

 

こんな感じです。

 

しかもこれはここ一週間でやったことです。

 

一ヶ月分書きたかったんですがあまりにも多すぎてこれだけで記事長ったらしくなっちゃいそうなのでここでやめておきますね笑

 

 

好きなことが仕事だけとは限らない

 

なにも仕事になるようなことだけが好きなこと、やりたいことではないと思います。

 

自分がちょっとでもやりたいと思ったことならなんでもやればいいんです。

 

  • 一日中ベッドに寝てる
  • 部屋の模様替え
  • 外にでない
  • 勉強しない
  • サボる

 

こんな感じで気軽にやってみたいことでいいんです。

 

重く考える必要はありません。

 

好きなことは元は遊び気分でやり始めたことなんです。

 

 

好きなことは最初は遊びから始まる

 

歌うのが好きで遊び気分で歌ってたらいつの間にか本気で取り組んでて、プロを目指し出す。

 

偶然やったことが周りから評価されてどんどんやる気につながって仕事につながっていいく。

 

みんな気軽にやってみてはハマっていくことがほとんどです。

 

 

 まずは気軽にはじめるところから

kuuha-ku.hatenablog.com

 

上の記事にも書きましたが、僕はやりたいことはつべこべ考えずにさっさと行動してしまうのがいいと考えています。

 

わからないことについて考えるのは時間も労力もどんどん奪われます。

 

時間が有限である以上はできるだけ考えなくていいものはすぐに捨てるべきです。

 

考えなくてもいいことは、考えません。

 

気軽に行動して、気軽に諦める。

 

これができればなんでもできちゃいます多分。

 

みなさんはどんなことも気軽にできるとしたらどんなことをやってみたいですか?

 

もし、そう考えた時にすぐに頭に思い浮かんだことがあればそれは自分が心から好きなことだと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウは学生だけど、なるべくはやくお金の不安は取り除きたい

 

学生として21歳になって、この1年はいろいろなことがありました。

 

だけど、この一年はとても充実していたのではないかなと思います。

 

そこで今回は僕がこの一年で気付けたこと、今の僕の考えを記していきたいと思います。

 

 

自分の気持ちを言葉にする

 

これはもう何度もブログで書いてることですがやはり、一番大切なことだと思いました。

 

言いたいこと言って、好きなように生きる。

 

好きなように生きるから、ストレスが溜まらず周りの人にも明るく振舞うことができる。

 

自分を満足させることすらできない人は他人を満足させることができるわけがない。

 

 

なるべくはやくお金の不安を取り除きたい

 

やっぱり生きていく中で最も厄介な問題なのかもしれません。

 

ぼくもこの1年でお金に悩まされたことはたくさんありました。

 

お金の本では「お金はあることにする」とかいろいろ書かれていますが、

やっぱりぼくとしてはないのが辛いです。

 

ぼくは今まで、何かをしようとしたらリスクがある方を選んでいかないと 成果が出ないし、自分を追い込むことができないと思っていました。

 

でも、ある程度の安心は必要だということを学びました。

 

僕はリスクをとることばかり考えて、後先考えずにとにかくお金を使いまくりました。

 

でも、まだ安定した成果も出せてないうちから、無一文になってしまったせいで、

 

お金のない不安と、なにをやっても成果が出ないストレスからとても恐怖を感じました。

 

リスクは取るべきポイントを見極めて実行することが大事なんだということがわかりました。

リスクはほどほどにとるようにします。

 

ぼくも自分のお金をコントロールして、その上で好きなことを追求していけたらいいかなって思ってます。

 

まずは小さなお金の問題から取り組んでみようかと思います。

 

 

単純にお金を増やすには2つの方法があります

 

お金を増やすには簡単に考えて二つの方法があります。

 

  • 貯金する
  • 稼ぐ

単純に考えてこのふたつのどちらかだと思います。

 

でも僕は自分でも自覚してるほどに貯金ができません、というか向いてません。

 

これは子供の時からそうでした。

 

もちろん、貯金体質に変えられた人も中にはいると思いますが。

 

でも僕はコツコツ貯めるって言うのができない性格でたとえ貯めようと何度決心しても一週間もすればもう限界がきてしまいます。

 

だから稼ぐ方が好きなんだなって気づきました。

 

使う金額以上に稼げるようになることが僕にとってお金の問題を解決する手段なのかなって考えてます。

 

みなさんはお金の問題に対してどんなことを考えていますか??

 

 

僕が「やりたいこと」をするために「やるべきこと」と「やらないこと」をさきに見つける理由

こんにちは、一度やらないと決めたら一瞬で切り捨ててしまうコウです。

 

ぼくは何をやるにしてもやるべきこと、やらなければいけないことは基本的に考えません。

 

今回は僕が行動を起こすときにどんなことに気をつけているのかを解説していきたいと思います。

 

 

「やるべきこと」よりも「やらなくていいこと」をみつける

 

「まず、なにをしなければいけないんだろう?」ってなります。

 

でも僕の場合は順番がちょっと違います。

 

まずは「やらなくていいこと」をさきに見つけちゃいます。

 

そして、それをすぐに切り捨てます。

 

理由は二つあります。

 

  • 「やらなくていいこと」を「やるべきこと」と勘違いしてしまう
  • 「やらなくていいこと」なら簡単に切り捨てやすい

 

よく勘違いされている方がいるのですが、やらなくてもいいことをやるべきことだと勘違いしてしまうのがよくある典型的なパターンです。

 

これだと本当にやりたいことがなんなのかわからなくなってしまいます。

 

だから僕はまず、やりたくないことから切り捨てていくようにしています。

 

 

 

「やるべきこと」は義務感でやらされてること

 

そもそもやりたいこととやるべきことにも大きな違いがあります。

 

やるべきことは周りから与えられる評価などを基にした義務感からくるものだと思っています。

 

僕の中ではこれは心からやりたいことではないんだなって思ってます。

 

 

義務感や周りの評価など気にせずにやってしまうこと

 

これが本当に心から好きなこと、やりたいことだと思います。

 

無意識のうちに気づいたら没頭してしまうこと。

 

僕にもいくつか没頭してしまうことがあります。

 

  • 歌を歌ってるとき
  • 遊んでるとき
  • 寝てるとき
  • 美味しいもの食べてるとき

 

寝るのは当然かもしれませんが。

 

 

やりたいことだけする楽しさ

やらなくていいこと、やるべきことを捨てたら、最後に残るのはやりたいことだけです。

 

あとはこれを集めてやりたいことだけで埋め尽くしてみてください。

 

びっくりするほど楽しくて周りなんかどうでもよくなってしまいます。

 

こんなに言いたいこと言ってる僕ですが、まだやるべきことも少し残ってます。

 

あと一週間以内にやりたいことだけで埋め尽くしたいですね。

 

僕の人生がより明るくなりますように!!

 

 

やらなくてもいいことをやってる暇なんかない

 

kuuha-ku.hatenablog.com

 

 以前の記事にも書きましたが、こんなことやってみたいとか、試してみたいとか思いついたらとにかくすぐに行動です。

 

だからこそ、やらなくてもいいことをやってる暇なんかないんです。

 

僕の明日は今日より「やりたいこと」が増えてますように。 

やる気を引き出す最も簡単な方法はとにかくだれよりもはやく「やり始めること」

やる気がでない。

 

いつもいつも行動よりも考えが早まってしまって結局動けずじまい。

 

こんなことではいけない。

 

でも動けない。

 

この繰り返しをすぐにやめたいなら、解決策は簡単です。

 

とにかくだれよりも早く、すぐに行動に移してしまうことです。

 

 

 

動いてから考える

たくさんのビジネス書に書かれている「すぐにやれ」という言葉ですが、

 

すぐに行動できない典型的な理由は、

 

「その分野の知識を蓄えてからやってみます…………。」

 

これではいつまでたっても動けません。

 

ほとんど多くの人この考え方です。

 

でも考えたり、知識を得ることなんて動いてから少しづつ学んでいけばいいと思います。

 

 

やりたいことがあるなら軽い気持ちで見切り発車してみる

kuuha-ku.hatenablog.com

 

前回の記事でこんなものを書きました。

 

物事を始める際に、いちいち重く捉える必要なんてありません。

 

なんか、おもしろそうだな、やってみよっかな。

 

こんな気持ちぐらいでいいと思ってます。

 

わからないことがあったら、自分よりもその分野に詳しい人に聞けばいい。

 

平凡から抜け出したいのなら平凡の人たちの考え方から抜け出し、真逆の行動をとってしまえばいいだけの話なんです。

 

せいぜい3割くらいの準備で大丈夫です。

 

でも何すればいいんでしょうか?って聞いてくる人もNG。

 

そんなのわかりません。

 

だからやってみないとわからないんです。

 

それで自分に合わなかったらやめればいいんです。

 

いつまでも始められないで立ち止まってるくらいなら、さっさと結果を出してしまった方がいいです。

 

 

もっと自分に自信をもっていいんです。

 

「俺この分野ならなんかわからんけど負けない自信あるよ?」みたいな感じでやってみましょう。

 

 

 

教科書のように正解なんてものはない

 

教科書のように自分の求めてる答えがどこかに書かれてるわけではありません。

 

社会に出れば答えのない問題にばっか直面します。

 

そこで重要になってくるのはどれだけ自分の力でその問題に対処できるかです。

 

誰かが教えてくれるわけではないからこそ、自分で探すしかありません。

 

正解がないっていうのは逆に考えれば自分で正解を作ることもできます。

 

自分が信じて選んだ選択肢ならその人にとってはそれが正解なのかもしれません。

 

 

行動してはじめてスタート地点に立てる

 

長々と書いてしまいましたが、僕が伝えたいことは一瞬で動いて欲しい!です。

 

行動してはじめてスタート地点に足を並べることができます。

 

僕は基本的になにか考えが浮かんだら10秒以内に動くことを目標にしています。

 

最終的には3秒以内が目標です。

 

みなさんは自分の考えに対して、どれくらいのスピードで行動に移すことができますか??

 

 

遊ぶ心と口に出せる気軽さだけはなんとしてでも失っちゃいけない。

 

遊び心、大人になっていくにつれどんどん忘れていってしまう。

 

最近ではやっと遊ぶことのおもしろさを思い出したコウです。

 

これからはなんでも気軽に挑戦できる心さえ持っていればなんでもできちゃいます。

 

心から自分の気持ちを声に出す

 

おもしろければ思いっきり笑う。

 

悲しければ思い切り泣く。

 

怒りたいなら声をだして怒る。

 

この軽やかさは成長するにつれてなぜかほとんどの人がなくなってしまってます。

 

以前の僕は言いたいことすら声に出すことができず、ストレスだけがどんどん溜まってしまいました。

 

でも、あるとき限界になって、思い切り声に出して叫んでみました。

 

  • なんなんだあいつは!!
  • ふざけるな!
  • 俺だけ差別すんな!!
  • 調子のんな!!
  • お金ほしい!
  • 彼女ほしい!!
  • 笑笑笑

 

次第には叫んでるうちにおかしくなてしまってすごい笑ってました。

 

なにしてんだ俺って。

 

でもそのあと気づいたときには怒りなんてどっかに吹っ飛んでました。

 

むしろスッキリしかありませんでした。

 

ある意味これが「溜めない」ってことなのかなって思いました。

 

 

言いたいことがあれば言葉にする

言いたいことをはっきりと言葉にできるというのは強みです。

 

目の前ではっきり言いたいことも言えずに、影で仲間同士愚痴ったりするのははっきり言って三流以外のなにものでもありません。

 

だから、僕は行きたくない飲み会に誘われたらその場で断りますし、いちいち理由なんかつけません。

 

でも、本当に仲のいい友達はそんなことでいちいち関係が乱れたりなんかしません。

 

大事なのは言葉にしてあげることなんです。

 

 

やりたいことをするために必要なのは気軽さだけで十分

多分自分が思ってるよりもやりたいことをするのに必要なものなんてないと思います。

 

あとは、やりたいことをみつけたら「やってみよう」っていう軽やかさが大事だと思います。

 

大きな声でやりたいことを声に出して宣言してみる。

 

言葉に出すのと出さないのとではぜんぜん違います。

 

言葉に出せば案外あなたの周りの人たちは応援してくれます。

 

なんだかんだで僕自身言葉にすることができない性格でした。

 

しかし、一度言葉に出してしまえば、あとは体が無意識のうちにその目標を達成する方向へと動いていってくれます。

 

 

その先にあるものは自分が想像してるより大きいもの

 

自分のやりたいこと、本心と向き合い、声に出すことは最初のうちは簡単なことではないけどそれを乗り越え、声に出すことの気持ち良さを知ることができれば、この先もより多くのことを学び、得ることができます。

 

僕も以前に比べればいろいろと見えてきましたが、まだまだ足りないと思ってます。

 

みなさんはどんなことを声に出してみたいですか?

 

どんなことをやってみたいですか?