おかしく天才なコウのブログ

日々、気が向いた時、書きたいことがあった時に更新するブログです。基本的には短く、伝えたいことをわかりやすく、読みやすいブログを書いていきたいと思っています。

好きなことなのに頑張ってやるのは、それは努力ではありません

 

頑張って続けるっていうのは僕はあまり好きではないんです。

 

結果を得るために頑張ってるんだから、出なかったらダメみたいなレッテルを自分で貼っちゃってる気がしてます。

 

僕もどちらかというと昔はたくさん頑張ることが正しいという考えだったので、今の考えを昔の自分に教えてあげたかったくらいです。

 

 

 

頑張って続けるっていうのは正しい努力ではない

 

頑張ることはとてもいいことで素晴らしいし、世間一般ではいいことなんだと思います。

 

でもこの考えだと、頑張ってっすること=努力になってしまう。

 

これだから「俺は努力してるのになんで結果がでないんだよ!」

という人が出てくると思うんです。

 

んで、まだ努力が足りないってなって更に頑張り続ける。

 

そして、自分が好きじゃないことを頑張り続けてしまう人が続出してくる。

 

んで、こんなこと言うと、真面目に頑張ってきた人たちが口を揃えて、

 

「頑張ったことねー奴が好き勝手言うな」みたいなことを言ってくるんです。

 

努力主義な人たちです。

 

こうなってくるとそんな人たちがどんどん増えてきてしまって、何が好きなことなのかわからなくなってしまいます。

 

 

好きでやっていたことが無意識に継続されて結果になる

日本一のユーチューバー「はじめしゃちょー」がある下記のインタビュー記事でも同じようなことを言っています。

 

――動画以外のプライベートな時間がなくても、ストレスを感じないですか?

好きなことをしているので、ストレスだと思ったことはないですね。編集が終わらなくて焦ったりするのも、それはそれで楽しんでるし。

 

news.livedoor.com

 

 

 

やっぱり、大きな結果を生み出す人たちは、それを努力しようと思ってやるんじゃなくて、心から好きで楽しんでるんだなって思いました。

 

好きで続ける→いつの間にか結果が出てる→もっと好きになる

 

が努力の正しい考えだと僕は思ってます。

 

もちろん必死で努力して結果出してる人もいますがそれだって好きでなければ続けられないと思います。

 

 

嫌いなことで努力しても結果なんて生み出せない

 

例えば、勉強が大好きで自然と勉強してる人が東大に入るのに対して、

 

そこまで勉強が好きではない人が頑張ってその人と同じ東大を目指しても合格できる可能性は極めて低いです。

 

東大に入る人は入るために勉強をしてるのではなく、本人にとっては好きなことの積み重ねが結果につながっただけに過ぎません。

 

入るべくして入るんです。

 

才能なんてものはただ好きなことしてるだけなんです。

 

自分にはこれ合わないなって思ったら、すぐにやめていい!

 

僕自身、ブログを書くのはすごく楽しいです。

 

でもこれがずっと続くなんて思ってません。

 

もしかしたら、明日には飽きてるかもしれません。そうなったらなんの躊躇いもなく辞めます。

 

僕は常に50%ぐらいで何事も取り組みます。

 

のこりの50%はほかのことに使えるようにしてます。

 

 

一度決めたら続けるのが正しいと思い込まない

人は、一度決めたら最後まで続けることが大事だと思っています。

 

子供の時から「最後までやり続けろ!」

 

とかって親から口を酸っぱくして教えられた人がほとんどだと思います。

 

ちがいます。

 

合わなかったらやめて、次を探せばいいんです。

 

もしかしたら、そこで本当に好きなことに出会えるかもしれない。

 

なのに好きでもないことに時間使って貴重な時間を無駄に過ごしてしまってはそれこそ無意味です。

 

kuuha-ku.hatenablog.com

以前の記事にも書きましたが、やっぱり今楽しいことはそのときやることが一番続けられるんです。

 

辞める覚悟を持つこと

なにかを継続してきた人たちにとって一番大事なことはやめる覚悟を持つことだと思ってます。

 

せっかく続けてきたのに、これでいいのか?

もう少しがんばれば結果が出るんじゃないか?

 

いやちがいます、出るんだったら結果なんてとっくに出てます。

 

こうして結局ズルズル引きずってやめるのが怖いんです。

 

そうすることで周りの人に嫌われたらどうしよう、やめたら次はなにすればいいんだろう。

 

そんな不安が自分の決断を鈍らせます。

 

んで結局大事なチャンスを逃して自分の好きなことを見つけられなくなってしまいます。

 

 ほとんどの人は、やりたくもない仕事でも頑張ることが正しいことだと思ってます。

 

一番重要なのはやりたくないことは素直に辞めてしまえる気軽さなんじゃないかなって思います。