おかしく天才なコウのブログ

日々、気が向いた時、書きたいことがあった時に更新するブログです。基本的には短く、伝えたいことをわかりやすく、読みやすいブログを書いていきたいと思っています。

ブログを今よりもっと多くの人に読んでもらうためのポイント

 

ブログでアクセスをアップさせる方法はたくさんありふれていると思いますが、

 

ここではブログのアクセスをアップさせるポイントを簡単に紹介していきます。

 

これは僕が最近、有名ブロガーの方々をみてて思ったことなんですが、

 

多くの人に読まれる記事っていうのはやっぱり文章を伝えるのがすごく上手いんです!

 

漫画でも小説でも、売れまくってる作家さんなんかはその本を読んだ瞬間に本に読者を引き込みます。

 

 

読者の視点

僕が有名なブロガーたちのブログを読んでる時に、ただただ漠然と読むことはしません。

 

「この人のブログは自分のブログと何がちがうんだ?」

「似たような事を書いてるのにどうしてこんなにおもしろいんだろう?」

 

など、できるだけ学べるものは全て学び取るつもりでたくさんのブロガーさんの記事を読ませてもらってます。

 

 

そこで僕が学んだというか、読まれる記事を書いているブロガーたちに共通していたポイントにいくつか気づいたので簡単に並べてみます。

 

  • 語尾を同じもので続けない
  • 読みやすい文の配置
  • タイトルに沿った記事内容
  • 読みやすい文章間のスペース
  • 共感を受けるようなタイトル

僕も記事を書いてるうちにある程度は書けるようになってきたかなと思ってたんですが、やっぱりまだまだですね。

 

やっぱトップブロガーさんたちはレベルが違いすぎます。

 

 

読者の視点を持つ事はどんな分野でも武器になる

 

これはなにもブログだけで役に立つスキルではなく、社会で様々な人たちと関わる際に、相手の立場に立って話を運べる人はやっぱりおもしろくて会話がリズミカルです。

 

話が流れるようにテンポよく、伝えたい事がはっきりしています。

 

僕も普段から「どうやったらもっと多くの人に読んでもらえるのかなあ?」とかイメージを膨らませてます。

 

「こうやったらおもしろいんじゃないか?」

 

とか考えてはクスクス笑っちゃってます!(笑)

 

ただの変なやつですね。。

 

読者と話題を共有する

 

本当はすごくおもしろい文章が書けているのに、出だしと入り方間違ってるせいで、読者が入り込めなくなってる記事がすごく多い。

 

まず、記事を書く上で大切なのは自分の前提だけで話を勝手に進めないことです。

 

「昨日僕の友達のサトウがやらかしまして〜〜」

 

ちょっとまっって!!

「サトウって言われても知らんわ!!」

って読者は叫びたくなりますよ笑

 

「ぼくのすきなラーメンがありまして〜」

「お前ラーメン好きだったんかい!!」

 

って読者を置いて、一人で突っ走って行っちゃう人多すぎますよ〜〜。

 

序盤で読者が理解できなくなっちゃえばもう読みたくなくなります。

 

ぼくはブログで毎日好きなことを書いてはいますが、「どうすればみんなが読みやすいかな〜」とか常に考えてます。

 

それでもまだこんな文章なんですが笑

 

とにかくリズムとテンポよく!

読んでる人がどんどん先が気になってしまうようなリズムのいい文章を書くのが大事。

 

おもしろい文章は読んでいて気分がいいですし、あっという間に最後まで読み進めてしまいます。

 

同じ言葉を繰り返し使わないとか、キーワードを連発しすぎないとか、工夫はたくさん必要ですけど、それを考えるのもブログの醍醐味の一つなんですよね。

 

 

自分を売り込む

ここまでやるか??

 

みたいなついつい気になってしまうようなタイトル記事には自然と惹かれてしまうものです。

 

人は珍しいものにはとにかく興味を示す生き物なので。

 

いっそのこと「あいつひょっとしたら人じゃないんじゃないか??」くらいバカなことやってみればすごいアクセス伸びちゃったりするんじゃないですかね(笑

 

そうやって、「これが俺の生き方だ!!」みたいな感じでどんどん自分の個性を周りに売り出していくこともブログのアクセスを伸ばす上でとても大事です。

 

いわゆる希少性ってやつですね。

 

読者が読んでて楽しい記事を書く

 

おもしろい記事なら読者が最後まで読んでくれるのは当たり前ですが、

 

読んでいて「不快にならない」「メリットがない」そう思われないような記事を書くっていうことが大切だと思います。

 

逆に、自分だけがおもしろい記事を書いていては、1000記事書こうが10000記事書こうがPV数なんて永遠に伸びることはありません。

 

PV数っていうのはいかに読者を楽しませ、より価値のある記事を書けているかの指標なんです!

 

もっともっとたくさんの人に読んでもらえる記事、文章を書けるようになりましょい!