おかしく天才なコウのブログ

日々、気が向いた時、書きたいことがあった時に更新するブログです。基本的には短く、伝えたいことをわかりやすく、読みやすいブログを書いていきたいと思っています。

”ありきたりで平凡なブログ”はやめるよ

おもしろくもない。

 

誰の心にも響かないブログを書き続けるのは疲れてしまう。

 

 

だから、ありきたりなブログはやめた。

 

 

つまらなかった

最近、僕はブログを書いていてもまったくモチベが一ヶ月ほど上がらなかった。

 

書いては消して、書いては決しての繰り返し。

 

 

でも、有名なブロガーさんたちの記事をみてて自分との決定的な違いに気づいた。

 

それは、自分が本当に「心から書きたくて書いている記事」なのかということ。

 

僕は最初は確かにブログで誰かによんでもらうのが楽しくてブログを書き始めた。

 

でも気づいたら、それが「アクセスを増やすためのブログ作り」に変わってた。

 

どうりでつまらんわけだ。

 

 

成果ばかりを追い求めて自分らしさがこれっぽっちもない。

 

でもそれと同時にあるアイデアがでた。

 

 

人の心に印象を与える文章を書いてみたい

 

おもしろくなくても、笑えなくてもいい。

 

誰か一人にでも、心に残るようなインパクトのある文章や記事を書けたら最高に楽しいんじゃないか??って思った。

 

 

少なくとも、この自分が書いた記事をみてくれてる人が一人でも二人でもいるのなら、その人たちが読んでよかった、おもしろかったと一度でも思ってくれるような文章を書いてみたい。

 

自分の書いた文章はできるだけ、自分らしさ、個性を出して、ありったけの自分で記事を書こうと思った。

 

笑われてもいいし、批判されてもいい。

 

書きたい時に好きなことを書く。

 

そう決めました。

 

ブログを始めた理由

人を自分の力で楽しませたかった。

 

ただそれだけがブログを始めた理由だった。

 

ところがいつしか「ブログのアクセスアップのため」という成果重視のただアクセスを求めるだけのつまらない記事を量産していた。

 

自分で書いていてもつまらないものだ。人が読んでおもしろいわけがない。

 

 

だからこそ、今度は初心を思い出した今だからこそ、自分の行動や文章が誰かの心に影響を与えてみたい、今強くそう思っている。

 

 

最初はすべてが新鮮に見える

何か新しいことを経験したとき、そこにはいろんな感情が詰まっている。

 

楽しい、嬉しい、すごい、驚き、喜び、。。

 

つまり物事は一番最初が一番楽しくて、一番感動ものである。

 

あの頃の楽しいままで、書きたいこと書いて、自分が楽しい文章書いて、何にも縛られず、自分だけの楽しいだけの自分でいたい。

 

自惚れでも、自己満足でも構わない。

 

他者に干渉しない

他人の価値観や評価を気にしてしまった時点でその文章はありきたりなつまらない文章に変わってしまう。

 

自分が気づいたことは自分の意思で自分なりの文章で伝えることにこそ意味がある。

 

平凡な文章では一人の心にも影響を与えることはできない。

 

だから、僕のここ最近の記事は本当にありきたりで誰にでも書けそうなブログ、いわゆる量産型そのものだった。

 

だから、このことに気づいて、今この記事を書いている自分は最高に楽しい。

 

書きたいこと書いて、笑われるくらい文章構成ぐっちゃぐっちゃで、まとまりがなくて、何言いたいのかはっきりもしてないひどい文章。

 

でも最高におもしろい。

 

これが自分の文章で書くってことなんだよなあ。

 

フリをするのはやめよう

疲れてしまう。

 

みんなにつまらない文章書いて「知識を集めた自分最高」みたいな。

 

だっさい。みじめで恥ずい。ありふれた記事の集約。どうしようもない。

 

でも、なんの知識もなし、ノウハウもないこの記事は初めての自分オリジナルの記事だ。

 

楽しい。フリすんのは情けなすぎるからやめよう。

 

 

自分をすべて受け入れてやる

みじめ、カッコ悪い、すきなことしかしない、やりたくないこと一切やらない。

 

自己満足でいい。

 

この記事は僕の文章で、自分の個性が全力で出たと思う。

 

自分の中での最高を文章というものに形を変えて最高のもので提供できる。

 

それが、本当のぼくのブログだ。他人を気にせず、好きなときに好きなこと書いて笑ってふざけて、全部受け入れてやる!

 

 

今なら言える、今回の記事だけはぼくの最高傑作だ。